Team Foundation Server入門Vol3

月曜日 , 13, 8月 2012 Leave a comment

 前回でTeam Foundation Serviceに接続してプロジェクトをチェックアウトするところまでできました。

 今回は作業項目を登録してみます。

 作業項目=タスクを出して、それを担当者に割り振ってみます。

 (本当はスクラムとかXPとかそれぞれの開発のやり方があるのでしょうが・・・)

 

タスクを登録する

 

 作業項目の登録は、さすがMS製品というべきでしょうか、Excelで一気に登録できます!!

 この辺の同社製品との親和性が魅力ですね。

 

 作業項目のエリアで[右クリック]→[MicrosoftExcelで作業項目を新規作成]を選択します。

 

 

 

 Excelのテンプレートが立ち上がりますので、項目を入力します。

 

 

 入力は使いなれたExcelなので非常に楽チン。

 一気に複数のタスクを登録できるのもいいですね。

 

 そもそものタスク出しをこのテンプレートでやっておいて後は一気にTFSに登録とやれば作業が効率化できそうです。

 

 登録したらタスクをTFSに発行します。

 普通に保存してもダメなので注意です。

 

 発行はExcelのチームタグの「発行」ボタンで行います。

 

 

 一気にまとめてタスクが登録できました。

 

その他機能

 

 Team Foundation ServerはSharePointと連携することで色々な機能が利用できます。

 ドキュメントの管理、ダッシュボードの機能などあると非常に便利そうなのですが、Team Foundation Serviceでは利用できません(がっかり)。

 

 無料で利用させてもらえるサービスなのである程度機能が限定されるのは諦めるしかありませんね。

 

 もう一点、VisualStudio2010のExpressエディションからはTeam Foundation Serverに接続できません。

 (ただしVisualStudio2012からはExpressエディションからも接続可能になるようです。)


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です