Microsoft Azure上でDynamics CRMを動かす(その6:Dynamics CRMインストール編)

日曜日 , 13, 4月 2014 Leave a comment

 本記記事はMicrosoft Azure上でDynamics CRMを動かすの六回目です。

 六回目にしてようやくDynamics CRMがインストールできます!!(長かった・・・)

 

 毎度ですが、基本的にMicrosoft Dynamics CRM 2013 development server installationをなぞっていますので、英語がわかる方はこちらを主に参考にしたほうが良いと思います。

 

 これまでの記事は(タグ)Microsoft AzureでDynamics CRMを動かすを参照ください。

 

Dynamics CRMをインストールする

 

 MSDNなどからDynamics CRMのインストールディスクを取得して、プロダクトキーも控えておいてください。

 iso形式などのディスクをマウントしてインストールを開始します。

 

ディスクからsplash.exeをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

 

040

 

 

 プロダクトキーを入力します。

 

041

 

 

 条項に同意します。

042

 

 必要なコンポーネントをインストールします。

 

043

 

044

 

 インストールする場所を指定します(デフォルトのまま)。

 

045

 

 

 全てにチェックを入れた状態(デフォルト)で次に進みます。

 

046

 

 

 Create a new deploymentを選択します。

 SQL Serverで利用するデータベース名(任意?)を指定します。

 

047

 

 

 ActiveDirectoryのユーザー設定を指定します。

 下記画像はorganizational unitがCRMで、ドメインがGLOBAL.localの場合の指定です。

 

 

 

 

048

 

 

 ユーザーを指定します。

 ActiveDirectoryにログインできるユーザーとパスワードを指定します。

 

049

 

 

 Webサイトを指定します。スライドの通り指定しましたがIISなどを通したい場合は「Select a Website」だったかもしれません。

 

050

 

 Emailは使わないので空で進みます。

 

051

 

 CRMで管理する組織情報を入力。

 (ブログを書いていて気がついたけどSQL locationはLatinじゃだめか・・・)

 

052

 

 Report ServerのURLを指定。

 

053

 

 カスタムエクスペリエンスとかアップデートをどうするかなどを指定。

 

054

055

 

 最後にこれまでの入力が正しかったか確認。

 警告はいくつかでるので仕方ないとして、がエラーが出た場合はBackして項目を見直し(私は何回か見直しをしました・・・)。

 

056

 

 全部チェックがOKならインストール開始。

 

057

 

 

 この画面が見れたらインストール終了。

 お疲れ様でした!!

 

 

058

 

 というわけで長々とインストール方法を紹介してきました。

 Dynamics CRMを動かすシリーズとしては最後に接続とか基本動作を見る方法を紹介して終わりにする予定です。

 

 私の目的はDynamics CRMにクライアント側から接続して連携するのが目的なので実はこれからが本番なのですが・・・。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です