Microsoft Azure上でDynamics CRMを動かす(その4:ユーザー作成編)

日曜日 , 13, 4月 2014 Leave a comment

 本記記事はMicrosoft Azure上でDynamics CRMを動かすの四回目です。

 今回はDynamics CRM用にActiveDirectoryにユーザーを追加します。

 毎度ですが、基本的にMicrosoft Dynamics CRM 2013 development server installationをなぞっていますので、英語がわかる方はこちらを主に参考にしたほうが良いと思います。

 

 これまでの記事は(タグ)Microsoft AzureでDynamics CRMを動かすを参照ください。

 

ActiveDirectoryでユーザーを作成する

 

 「Active Directory Administrative Center」を起動します。

 起動の方法はいろいろありますが、以下のように検索で見つけることもできます。

 

026

 

 

 GLOBAL(local)を選択した状態で、右ナビのNew→Userを選択します。

 (GLOBAL~はそのようにドメインを作成した場合です)

 

027

 

 

 以下のようにユーザーを作成します(スライドのまま設定しています。)。

 Other Password optionsでPassword never expiresに設定しています。

 

028

 

 

 「Member Of」項目でPerformance Log Usersメンバーに追加します(このやり方であっているのかなぁ・・・ちゃんと動いているからいいか)。

 

030

 

 

Member Of項目のAddボタンから以下のように直書きして追加しました。

029

 

 

 New→Organizational Unitでグループ(組織?)を追加します。

 

031

 

 

 名前をCRMとします(スライドのまま)。

 

 

032

 

 これでユーザーの追加が終わりました。

 次回はSQL Serverの設定を行います。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です