Dynamics CRM入門 Vol.003 提案から受注作成まで

水曜日 , 7, 5月 2014 Leave a comment

Dynamics CRM 2013の機能と構成を触りながら覚えてき行きます。

第1回、第2回と受注データに関して、プログラマーよりの視点で紹介してきましたが、今回は運用フローを考えながら、案件から受注に至るまでを追ってみようと思います。

(これまでの投稿はDynamics CRM入門を参照ください)

 

 

営業案件の作成

 

まずは営業案件を登録します。

(ここが最初かというと必ずしもそうではないでしょうが便宜上ここからはじまることとします)

 

上部メニューから「営業」→「営業案件」と遷移します。

001

 

002

 

画面左上「+新規」ボタンで新規の営業案件を作成します。

作成された営業案件は下記画像のようにステップを確認しながら進めることができます。

(このへんのステップもカスタマイズできるのかな?)

006

 

見積の作成

 

続いて見積もりを作成します。

営業案件の下部「見積もり」項目の右側の「+」ボタンから見積もりを作成します。

(営業案件の必須項目を入力し保存した後でないと見積もりは追加できないかもしれません)

 

一つの営業案件に複数の見積もりを紐付けることができるので、このまま営業しつつ見積もりを重ねて行くことができます。

 

祝、受注

 

そして営業のかいあって、受注に至った場合、営業案件を「受注としてクローズ」します。

営業案件を受注としてクローズするためには見積もクローズしておく必要があるようですが、受注に至った見積から受注を作成することもできます。

 

004

 

もちろん、残念ながら「失注でクローズ」ということもあるのですが・・・

 

という流れでDynamics CRMで営業案件のフローが管理できそうです。

開発者としては、受注した後のことも面倒見てほしい気がしますがCRMに求めるのは筋違いのようです・・・

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です