Windows Server 2012 R2にTeam Foundation Server 2013をインストールする(その2:SQL Server編)

日曜日 , 11, 5月 2014 Leave a comment

Windows Server 2012 R2にTeam Foundation Server 2013をインストールする方法を紹介します。

まだ読んで無い方は前回の記事「Windows Server 2012 R2にTeam Foundation Server 2013をインストールする(その1:認証編)」を参照ください。

一覧は「」で確認できます。

 

今回はSQL Server 2012をインストールします。

 

前回も前置きしましたが、私はサーバー運用経験はありません。

開発者がサーバー製品を利用して開発の役に立てる一助にと思い「とりあえず動くようにする」方法を紹介します。

 

 

SQL Serverのインストール

 

それではSQL Serverをインストールします。

SQL Server 2012のインストーラーを起動します。

 

001

 

左ナビの「インストール」をクリックします。

 

002

 

「SQL Serverの新規スタンドアロンインストールを・・・」をクリックします。

ページを進めます。

 

003

004

005

 

プロダクトキーを入力します。

 

006

 

進みます。

 

007

008

 

「機能の選択」で以下の機能を選択します。

 

「データベースエンジンサービス」及びその下位の「検索のためのフルテキスト抽出と・・・」。

「Analysis Services」「Reporting Services」「クライアントツール接続」

「管理ツール」及びその下位の「基本」を選択します。

009

 

.NET Framework 3.5で警告が出ました。

 

010

 

.NET Framework 3.5はネットからダウンロードではなく、サーバーマネージャーからインストールします。

 

011

012

 

.NET Framework 3.5のインストールを終えたらSQL Serverのインストールに戻ります。

 

013

014

 

サーバーの構成で、各サービスのアカウントを設定します(下画像)。

自分の環境だとAnalysis Servicesのアカウントが設定されていなかったので画像のようにADに登録されたアカウントとパスワードを設定しました。それ以外はデフォルトのままです。

 

015

 

「データベースエンジンの構成」でSQL Server管理者の指定を行います。

「現在のユーザーの追加」で現在のユーザーを追加します。

 

016

 

Analysis Servicesの構成でも同様に「現在のユーザーの追加」をクリックします。

 

017

 

後はインストールを進めます。

 

018

019

020

021

022

023

 

これでSQL Serverのインストールは完了です。

次回はShare Pointサーバーのインストールを紹介します。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です