Windows 8.1 Previewのチャームの役割の変更について

日曜日 , 30, 6月 2013 Leave a comment

 (本記事はあくまでPreview版のWindows 8.1の内容です)

 

 Windows 8.1 Previewで、これまではスナップとフィルの2つまでだった画面が、さらに複数に画面を分割できるようになりました。

 

001

画面を3分割に表示

 

 その影響か、チャームの機能にも一部変更が加えられました。

 個人的には「また物議を醸しそうな変更をしてきたな」と多少懸念しています。

 

検索チャームの仕様変更

 

 8.0では検索チャームからストアアプリを選択することで、ストアアプリでの検索を行うことが可能でした。

 

003

8.0の検索チャーム。ストアアプリが一覧に表示されている

 

 8.1では検索チャームが以下のように・・・。

 

002

8.1の検索チャーム

 

 ストアアプリを検索対象に選んでストアアプリを起動することはできなくなりました。

 ただし画面に検索チャームに対応したストアアプリがある場合は候補として表示されます。

 

004

検索チャームに対応したストアアプリが起動している場合は検索対象として選択できる

 

 デフォルトインストールのMS製ストアアプリでは検索窓がストアアプリにつけられました。

 

005

ストアなどのMS製のストアアプリには画面に検索窓がついた

 

共有はどのストアアプリが対象になる?

 

 チャームの共有を呼び出した場合も複数表示の場合どのストアアプリが共有されるのか判別が難しくなりました。

 共有の対象となるストアアプリは分割枠で以下のように見分けることができます。

 

006

画面左右の区切り線にある縦棒が共有チャームの対象になるストアアプリを示している(この場合真ん中のアプリ)

007

左側のストアアプリが対象の場合

 枠に白色の縦棒があるのがわかるでしょうか?

 

画面分割について

 

 新しいアプリを起動すると以下のように表示され、ドラッグ&ドロップでどの位置に表示するか指定することができます。

 

 008

 

 8.0用のストアアプリはスナップかフィルの状態で表示されますが、左右に隙間が生じる状態になることも。

 

009

スナップ表示だが左右に黒い空きスペースがある

 

 8.0はスナップで、8.1は分割された幅に合わせて表示します。

 8.0のストアアプリが8.1とともに必ず修正が発生するというものではないが、対応したほうがより良いというニュアンスでしょうか。

 

ストアアプリのコンセプトは?

 

 ストアアプリはコンテンツに集中されるために画面にフォームや検索窓などを置かないことを推奨してきましたが、8.1ではMS製ストアアプリが模範を示すように検索窓を備えた形で修正されてきました。

 この辺りのコンセプトの軌道修正と、8.0と8.1用のストアアプリが同居することによる戸惑い(検索フォームか? 検索チャームか?など)がユーザーに起きないか懸念します。

 本ブログでもコンセプトの考察を続けていき新しいストアアプリ(8.1)が正しく開発されるようにしていきたいと思います。

 (書籍のフォローもいるなぁ・・・)

 

 ストアアプリの表示数を増やしたことでバッテリーの持ちは変わるのかなぁ。

 

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です