Visual Studio OnlineのService hooksを利用する

水曜日 , 4, 6月 2014 Leave a comment

前回Visual Studio Online(すみませんTeam Foundation Servicesと記載しておりました。)のGitリポジトリをコマンドラインのGitなどでチェックアウトする方法を紹介しました。

チェックアウトしたらRedmineのリポジトリとしても連携できるという話をしましたが、そこまで連携したらService hooksでコミット時にRedmineの情報も更新したいところ。

 

GitHubなんかでは当たり前にできる処理ですが、Visual Studio Onlineでもちゃんとできます。

 

Visual Studio Onlineのポータルに移動して、

Service hooksを利用したいプロジェクトに移動します。

 

プロジェクトに移動した後、画面右上の設定マークをクリックします。

014

(歯車のマークが「設定」)

 

Service Hooksタブをクリックします。

 

009

「Create the first subscription for this project」をクリックします。

010

Web Hooksをクリックします。

見る感じ、Azure Service BusやJenkinsとも連携できそう。

011

 

Trigger(引き金)を設定。今回はコードがリポジトリにプッシュされた際に実行することにします。

012

 

フックするURLなどを設定します。

今回はRedmineのプラグインredmine_github_hookを利用しているので、そのURLを指定します。

(このへんはGitHubとredmine_github_hook連携の記事などが参考になります)

015

 

Finishで設定が完了です。

これでVisual Studio OnlineのGitリポジトリにプッシュした際にRedmineのservice hook用のURLが叩かれてリポジトリが同期するようになりました。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です