ユニバーサルWindowsアプリ(Pre)入門032:Altimeterサンプル

土曜日 , 18, 7月 2015 Leave a comment

 (予め)本記事はプレビュー版の環境に基づいて書かれています。

 

 Windows 1o Desctop Build 10240

 Windows 1o Mobile Build 10166

 Visual Studio 2015 RC

 

 製品版では内容と異なる可能性もあります。

 紹介したプロジェクトは以下から実行可能です。

 

UWPアプリのサンプル(GitHub)

 

Altimeter

 

 高度計のこと・・・なんですが、高度計を搭載したデバイスが手元になかったので、実際の動作は未確認です。

 使い方は他のデバイス系と同様の設計になっているので迷わないと思います。

 

 デバイスがあるか確認。

 

sensor = Altimeter.GetDefault();
if (null != sensor)
{

 

 ReadingChangedイベントハンドラ―をセット。

 値が変わったらイベントが発生します。

 

sensor.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Altimeter, AltimeterReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);

 

async private void ReadingChanged(object sender, AltimeterReadingChangedEventArgs e)
{
    await Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () =>
    {
        AltimeterReading reading = e.Reading;
        ScenarioOutput_M.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AltitudeChangeInMeters);
    });
}

 

 ReadingChangedイベントハンドラーじゃなくて任意のタイミングで取りたい場合はGetCurrentReadingメソッドで取得します。

 

AltimeterReading reading = sensor.GetCurrentReading();

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です