UnityVSが無料で利用できます

水曜日 , 30, 7月 2014 Leave a comment

Unity開発する際にVisual Studioでコードを書きたいが、デバッグは有償のUnityVSが必要だから・・・MonoDevelopでというスタイルの方も多かったと思います。

 

MicrosoftがUnityVSのSyntaxTreeを買収してUnityVSが無償になるというニュースは以前に聞いていて、今どうなったかなぁと調べてみたら利用可能になっていました。

 

Visual Studio Tools for Unity 1.9から利用するVisual Studioのバージョンに合わせたリンクをクリックします。

Visual Studio 2013の場合「Visual Studio 2013 Tools for Unity」ですね。

 

「ダウンロード」からVisual Studio 2013 Tools for Unity.msiファイルをダウンロードします。

 

001

 

 

インストーラーが起動するのでそのまま進みます。

 

 

 

002

003

004

 

 

インストールが終了したらUnityのプロジェクトにプラグインを追加します。

Unityのプロジェクト作成時にも指定できますが、作成済みのプロジェクトの場合、「Assets」→「Import Package」→「Visual Studio 2013 Tool」を選択します(Visual Studioのバージョンが2013で進めてきた場合)。

 

005

 

 

Unityの上部メニューバーにVisual Studio Toolsが追加されました。

ここから「Open in Visual Studio」を選択します。

 

007

 

Visual Studioが起動するとこんな感じで、UnityVS名の入ったソリューションが作られます。

 

008

 

 

デバッグの項目がAttach to Unityになっています。

この辺はMonoDevelopの仕組みと同じであろうことが推測されます。

 

009

 

Attach to Unityを選択すると、接続するUnityのプロジェクトが表示されるので選択します。

 

010

 

 

これでUnity側でアプリケーションを実行すると、

ブレークポイントで止まります!!

 

011

 

 

変数も見れます。

 

 

012

 

 

ようこそVisual Studio!! さようならMonoDevelop。

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です