書籍「基礎から学ぶWindowsストアアプリ開発」の紹介

火曜日 , 11, 12月 2012 Leave a comment

 昨日献本が届きました。

 実物を見るまで「本当に自分が書いたものが本になるのか?」と実感がわかない状態でしたが、手に取ってみると違いますね。

 

 

 素敵な装丁です。

 もしこの本が多少なりとも売れたなら、装丁の力なんじゃないかと思います。

 

 Amazonでも説明は見れますが、目次がなかったのでこちらで紹介しようと思います。

 

目次

 

・1.Windowsストアアプリの基礎知識

  概要です、Windowsストアアプリとはこんなものという感じの解説

 

・2.開発環境の構築と開発ツールの概要

 開発環境のインストール方法とVS、Blendの画面説明。

 

・3.はじめてのWindowsストアアプリの開発

 あれですHelloWorld。

 

・4.時計アプリの作成

 シンプルな時計アプリを作りながら、XAMLを触ってみます。

 スナップ表示やファイルの読み込みに対応。

 

・5.Twitter連携アプリ

 Webと通信してTwitterのフィードを簡単取得!!

 ・・・というつもりがTwitterのAPI1.1への説明が必要になり一番ボリュームのある章になってしまいました・・・。

 

・6.Webカメラ&動画再生アプリの作成

 デバイスを使ったアプリ開発の説明です。

 (当時加速度などのセンサーを搭載したデバイスがなかったのでWebカメラを題材にしたのは内緒だ)

 

・7.リマインダーアプリの作成

 タイル更新、トースト通知を使ったアプリの解説です。

 (バックグラウンドタスクを使ったサンプルも追加してみました)

 

・8.アプリ作成で知っておきたい知識

 開発Tipsとツール、ライブラリーなどの紹介です。

 二歩目を踏み出す人の参考になるようにいろいろなツールを紹介しました。

 

・9.Windowsストアへのアプリの公開

 ストアへのアプリの公開方法を説明。

 

 

 立ち位置は入門者向け書籍です。

 ポイントはなるべく難しくならないように、ショートカットなどの操作がある場合はなるべくそれを記載するようにした点でしょうか。

 

 初の執筆ということもあり拙いところもあるかと思いますが、入門者の方にとって難解にならず、できるだけ役立つ情報を詰め込んだつもりです。

 ぜひ手に取って感想を教えてください!!

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です