Windows8をMacBookにインストール

水曜日 , 14, 3月 2012 1 Comment

 3月24日のWebTouchMeetingでWindows8CPのお話をさせていただくことになりました。

 講演用に使えるノートPCは一台しかないので、MacBookのBootCampにWindows8をインストール。

 

 基本的にWindows7をBootCampする要領で行けました。

 

 

 

 ・・・と思ったら。

 BootCamp系のドライバを入れ忘れてMacOSでの起動ができなくなっている・・・

 

 そうい場合でもOptionボタンを押しながら起動でOSを選択できるはずなのにできない。

 本来ドライバ系はBootCamp利用時に作成しておくものなのだが、今回はMacOSに戻れないので時すでに遅し・・・。

 

 軽く終わった状態に陥っていましたが、

 SnowLeopardのインストールディスクにBootCampのドライバーが入っているじゃないか!!

 

 というわけで、DVDからドライバーのインストール。

 インストール時に互換性の問題が出るのは7からあった話で、この辺は落ち着いて下記サイトのやり方でクリアー。

 

http://michael.anastasiou.me/index.php?option=com_content&view=article&id=22:qboot-camp-x64-is-unsupported-on-this-computer-modelq-solution&catid=7:how-to&lang=en

 

 というわけで、コントロールパネルから起動OSが選択できるようになりました。

 

 今のところ、パーティションを切ったデュアルブートと、VirtualBoxでもブートも確認済み。

 みなさんWindows8を堪能してみてください!!

 


One thought on “ : Windows8をMacBookにインストール”
  • .NET Clips より:

    眠るシーラカンスと水底のプログラマー » Blog Archiv » Windows8をMacBookにインストール…

    素敵なエントリーの登録ありがとうございます – .NET Clipsからのトラックバック…

  • Please give us your valuable comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です