[Windows Phone] WindowsPhoneToolkit 紹介 その0 インストール

水曜日 , 22, 2月 2012 2 Comments

Silverlight for Windows Phone Toolkitとは

 

 

 Silverlight for Windows Phone ToolkitとはWindows Phone開発の役に立つコントロールや機能を提供してくれるキットです。

  Windows Phone開発をするなら、標準の機能+Toolkitでスタート地点というのが当たり前というくらい無くてはならないものです。

 

インストール(インストーラー編)

 

 

 インストールするにはSilverlight for Windows Phone Toolkitから最新のファイルをダウンロードしてきます。

 *現在はWindows Phone Toolkit – Nov 2011 (7.1 SDK)が最新です。

 

Recommended Downloadという文字の下のリンク「Silverlight for Windows Phone Toolkit – Nov 2011.msi」からSilverlight for Windows Phone Toolkit.msiをダウンロードします。

一緒に「Silverlight for Windows Phone Toolkit Source & Sample – Nov 2011.zip」からサンプルファイルをダウンロードすると良いでしょう。

 

ダウンロードしたSilverlight for Windows Phone Toolkit.msiをダブルクリックしてインストーラーを立ち上げます。

 画面下部のチェックボックスにチェック。

 後は自動でインストールが進む。

 インストールが正常に完了すればOK。

 

 

インストール場所

 

(Windows7 64bitの場合)

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Toolkit\Oct11

 にToolkitがインストール。

 

 Toolkitを利用する場合は、

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Toolkit\Oct11\Bin\Microsoft.Phone.Controls.Toolkit.dll

 を参照に追加して利用することになります。

 

 

 

インストール(NuGet編)

 

 インストールにはNuGetを利用することもできます。  NuGetのサイトからNuGet.Tools.vsixをダウンロードします。

 インストーラを起動。

 

 インストールが終了したら、

VisualStudioのプロジェクト上で右クリック→「Manage Nuget Package」をクリック。

 

toolkitなどで絞込み検索、

Silverlight for Windows Phone Toolkitを選択します。

これでプロジェクトにToolkitがインストールされました(自動で参照に追加されます)。

 

 

ツールボックスに追加

 

 VisualStudioのツールボックスに追加しておくと何かと便利です。

 「ツールボックス」上で右クリック「タブの追加」

 

 

 追加したタブに名前をつけます。ここでは「Windows Phone Toolkit」としておきます。

 

 

 

 続いてアイテムの選択で追加するコントロールを選択します。

 

 アセンブリ名が「Microsoft.Phone.Controls.Toolkit」のものをすべて追加。

 

 追加をクリックでツールボックスに追加されドラッグ&ドロップでエミュレータに追加できるようになりました。

 

これまでの記事を読む

 

 


2 thoughts on “ : [Windows Phone] WindowsPhoneToolkit 紹介 その0 インストール”
  • […]  インストーラー形式でもNuGetでも導入可能です。(インストール方法解説はこちら) […]

  • Please give us your valuable comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です