Windows Phone Toolkit 紹介 その13 MultiselectList

金曜日 , 23, 3月 2012 Leave a comment

 残りもわずかとなってきましたSilverlight for Windows Phone Toolkitを紹介するコーナー。

 今回はMultiselectListです。

 

 文字通り複数選択のできるリストなのですが、試してみると最初「ん?」と思ってしまいます。

 

 

 普通のリストじゃないか?

と思いきや、リストの左端をタップすると・・・

 

 

リストの左端をタップすることで複数チェックかのうなチェックボックスを持ったコントロールに早変わりです。

何も選択されてない状態だとデフォルトではチェックボックスが表示されないというのは正直わかりにくいですね。

 

前に紹介したContextMenue同様に見せ方の難しいコントロールだと思います。

 

使い方

 

MultiSelectListの使い方。

以下のようなXAMLコードでシンプルな複数選択可能なリストが表示される。

 

            <toolkit:MultiselectList>
                <toolkit:MultiselectItem Content="Item1" IsSelected="True"/>
                <toolkit:MultiselectItem Content="Item2"/>
                <toolkit:MultiselectItem Content="Item3"/>
            </toolkit:MultiselectList>

 

どれか一つでもisSelectedプロパティがtrueなら左のチェックボックスは表示される。

デフォルト値のようなものがあるなら、それを選択した状態で表示させてあげるとわかりやすいんじゃないかと個人的には思っている。

 

SelectionChangedEventArgs

 

選択が変わった際などに発行されるイベント引数。

AddedItemsプロパティで選択されている一覧を習得可能。

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です