Windowsストアアプリ開発の第0歩

火曜日 , 4, 12月 2012 Leave a comment

 この投稿は「Windows 8 Store apps Advent Calendar」3日目の記事(になる予定だったもの)です。

 準備していた「速習 Windowsストアアプリケーション 第2回」が間に合いましたので予定・・・もったいないので公開します。

 (前日の記事は@biacさんの「Windows ストア アプリでマルウェアを作ってみよう!?」です。)

 

 Advent Calendarの3日目ということでネタ的には軽めで抑えて行こうと思います。

 先週公開されましたCodeZineの記事「Windowsストアアプリの概要と、開発の第一歩」よりさらに入門的な0歩目的なエントリーを書きます。

 

対象の方

 

 Windowsストアアプリケーションの開発をこれから始めようというかた。

 すでに開発を始めている方には退屈な内容かもしれません。

 

1.開発環境の作成

 

 なにはともあれ、Windowsストアアプリケーションの開発を行う環境が必要です。

 ここで注意したいのは開発に用いるコンシューマーOSは今のところWindows8に限るという点。

 Windows7では開発ツールのVisualStudio2012のインストールはできますが、ストアアプリは開発できません。

 

 とりあえず初めて見たい方はWindows8の体験版Visual Studio 2012 Express for Windows8を利用するとよいでしょう。

 

2.開発言語の選択

 

  Windowsストアアプリはこれまで以上に様々な言語で開発できます。

 

 XAML+C#、XAML+C++、XAML+VB、XAML+DirectX(ゲームなど)、そしてHTML+JavaScriptです。

 どの環境で開発するかは自分の得な言語で選んでよいでしょう。ほぼできることに違いはありません(ほぼ・・・)。

 

3.開発端末の選定

 

 せっかくならハードウェアもそろえたいですね!!

 各種センサー系を取りそれた端末が良いのではないでしょうか?

 海外からの輸入になりますがMicrosoftのSurfaceは熱いですね。日本で手に入る端末なら個人的にはVaioDuo11、価格で選ぶならWindowsRT搭載のASUS VivoTab RTなんかがいいですねぇ(じゅるり・・・)。

 多少高価ですがタッチ対応のディスプレイを買うというのも手か?

 

4.書籍および入門サイト

 

 書籍もいろいろそろってきました。

 C#なら「Windows8ストアアプリ開発入門」、12月15日発売の拙著「基礎から学ぶ Windowsストアアプリ開発 」(宣伝乙)。

 JavaScriptなら「Windows8プログラミングバイブル 」、まもなく発売の「作りながら覚える Windowsストアアプリ プログラミング 」。

 などがあります。

 

 Webサイトを紐解くなら、@ITの山本さんの記事全般、MSDNのWindows Store 開発者向けブログデベロッパーセンターのドキュメントかずきさんのブログ、酢酸先生のブログ

 デザイン面なら蜜葉さんのブログなど。こうやって見ると充実してきましたねぇ。

 

 本ブログと連載記事もよろしくお願いします。

  Windowsストアアプリの開発者をサポートするWindows 8 Clinicもスタートしました。

 

 facebookのWindows 8 コミュニティMetro Developers Japanもチェック。

 

 いろいろなアプリを知りたい場合はMADO APPさんもいいですね。

 

 Windows 8 Store apps Advent CalendarのようなAdventCalendarも毎日消化するのは大変ですが情報満載です。

 

 私は以下のAdventCalendarを追いかける予定です

 C# Advent Calender 2012

 Windows Phone 8 SDK Advent Calendar

 Expression Blend Advent Calender “ひとり” 2012

 Windows Phone Advent Calendar “ひとり” 2012

 Visual Studio Advent Calendar 2012

 一人って・・・すごいですね。

 

5.とりあえずさっくり作るなら

 

 Windows 8 アプリ開発テンプレートから始めると数ステップで簡単にアプリ開発が体験できます。

 

6.オフラインで勉強会、イベントに参加する

 

 オフラインで人と会って情報を手に入れるのは大事です。

 イベントカレンダーで日付をチェックして近隣の勉強会に参加してみましょう。

 

 東京会場は締め切りましたが大阪開催の8nightアプリ クリエイターのための Windows 8 パーティはまだ参加可能です。

 ぜひオフラインでお会いしましょう!!

 

最後に

 

 Windowsストアアプリケーションはこれから始まったばかりの若いプラットフォームですが、より多くの人が参加し、より楽しいアプリケーションが増えて行くことを願います。

 そして「速習 Windowsストアアプリケーション 第2回」を当日にAdventCalendarに載せたいから公開してと頼んだところ快諾してくれたCodeZineのご担当者様ありがとうございました!!

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です