Windowsストアアプリ入門 vol90:WriteableBitmapのデータを保存する

土曜日 , 16, 3月 2013 Leave a comment

 WriteableBitmapで加工したデータを保存したい場合ですが、

 WinRT XAML Toolkitを利用すると簡単に保存できます。

 

 WinRT XAML ToolkitはNuGetからインストールします。

 

003

 

 

 WriteableBitmapの保存は以下のように行います。

 

// using WinRTXamlToolkit.Imaging;をusing句に追加しておく
// WriteableBitmapを用いた処理の後

// FileSavePickerを取得
FileSavePicker savePicker = new FileSavePicker();

// 保存するファイルタイプ
savePicker.FileTypeChoices.Add("png Image", new List<string>() { ".png" });

// デフォルトのファイル名
savePicker.SuggestedFileName = "ImageSample";

// 保存するためのStorageFileを取得する
StorageFile save_file = await savePicker.PickSaveFileAsync();
if (save_file != null)
{
    // エンドードのGuidを取得
    Guid encoderId = Windows.Graphics.Imaging.BitmapEncoder.PngEncoderId;
    
    // WriteableBitmapSaveExtensionsを利用する
await WriteableBitmapSaveExtensions.SaveToFile(this._writeableBitmap, save_file, encoderId);
}

 

 WriteableBitmapSaveExtensionsクラスを用いると簡単にできました。

 それまでStreamとかByteArrayをいじくっていたんですが、こんなに簡単に実現できるとは・・・。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です