Windowsストアアプリ入門 vol88:タイルのロゴ表示について

日曜日 , 27, 1月 2013 Leave a comment

 スタート画面に表示されるタイルの左下にロゴ画像または短い名前が表示されています。

 

001

左下に文字かアイコンが表示されている(アイコンが表示されるのはライブタイルのみ)

 

 ライブタイルのテンプレートによっては、このロゴによって最後の行が表示されない場合があります。

 002

 上記画像はrow4を指定してあるのですが表示されていません。

 ライブタイルも含めてこの文字の制御の仕方を紹介します。

 

通常のタイルの場合

 

 通常のタイルはPackage.appxmanifestファイルから設定を行います。

 Package.appxmanifestの「アプリケーションUI」タブの名前の表示項目を修正します。

 

・ロゴなし

003

 

005

・すべてのロゴ

004

006

 

 

・標準ロゴのみ

004

005

 

 

・ワイドロゴのみ

003

006

 

 

 「短い名前」項目に指定がなければ通常のアプリ名が表示されます。

 通常のタイルの場合左下に表示できるのは「アプリケーション名」もしくは「短い名前」か何も表示しない状態です。

 

ライブタイルの場合

 

 ライブタイルの場合は一つ一つのたいるに指定します。

 ライブタイルを外部ULRからリモート更新する場合はXMLタグに以下のサンプルのようにbrandingプロパティをつけます。

 

 XMLのサンプル

 

 アプリ上からライブタイルを更新(NotificationExtentionを利用を想定)する場合は以下のように記述します。

 

            var content = NotificationsExtensions.TileContent.TileContentFactory.CreateTileWideText07();

            content.TextHeading.Text = "ヘッダー";

            content.TextShortColumn1Row1.Text = "12345678";
            content.TextShortColumn1Row2.Text = "123456789";
            content.TextShortColumn1Row3.Text = "1234";
            content.TextShortColumn1Row4.Text = "12345";

            content.TextColumn2Row1.Text = "column2 row1";
            content.TextColumn2Row2.Text = "column2 row2";
            content.TextColumn2Row3.Text = "column2 row3";
            content.TextColumn2Row4.Text = "column2 row4";

            content.RequireSquareContent = false;
            content.Branding = NotificationsExtensions.TileContent.TileBranding.None;


            TileNotification tileNotification = content.CreateNotification();
            TileUpdateManager.CreateTileUpdaterForApplication().Update(tileNotification);

 

 Brandingプロパティに表示内容を指定します。

  NotificationsExtensions.TileContent.TileBranding列挙対はNone(非表示)以外にName(アプリ名)、Logo(ロゴ画像)が指定可能です。

 

007

 

 これでrow4も表示されました。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です