Windowsストアアプリ入門 vol87:ユーザーのアカウント画像に動画を指定する

水曜日 , 23, 1月 2013 Leave a comment

 Windows8のユーザーアカウントが画像に動画を指定することができます。

 これは標準のカメラアプリで撮影した動画でも可能ですが機能としては「アカウント画像プロバイダー拡張機能」を利用します。

 以下にその方法を紹介します。

 

Package.appxmanifestの編集

 

 まずはPackage.appxmanifestを編集します。

 宣言タブで「アカウントの画像プロバイダー」を追加します。

 

035

 

 

App.xaml.csを修正する

 

 App.xaml.csに以下のようにOnActivatedイベントハンドラーを追加します。

 

        // アカウント画像プロバイダー拡張機能の呼び出しの場合起動はOnActivatedが呼び出される
        protected async override void OnActivated(IActivatedEventArgs args)
        {
            if (args.Kind == ActivationKind.Protocol)
            {
                var protocolArgs = (ProtocolActivatedEventArgs)args;

                // アカウント画像プロバイダー拡張機能の呼び出しの場合以下のSchemeが指定されてくる
                if (protocolArgs.Uri.Scheme == "ms-accountpictureprovider")
                {
                    // ファイルを選択してもらう
                    FileOpenPicker picker = new FileOpenPicker
                    {
                        ViewMode = PickerViewMode.Thumbnail,
                        SuggestedStartLocation = PickerLocationId.PicturesLibrary,
                        FileTypeFilter = { ".jpg", ".jpeg", ".png", ".bmp" }
                    };

                    StorageFile imageFile = await picker.PickSingleFileAsync();
                    if (imageFile != null)
                    {
                        SetAccountPictureResult result = await UserInformation.SetAccountPicturesAsync(null, imageFile, null);
                    }
                }
            }
        }

 

 動画を指定する場合はSetAccountPicturesAsyncメソッドの第三引数に動画ファイルを指定すれば動画を指定できます。

 今のことろ設定のPC設定の「アカウントの画像」ページとロック時のアカウント画像が動画になるのを確認できました。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です