Windowsストアアプリ入門 vol86:クリップボードにデータを渡す

水曜日 , 19, 12月 2012 Leave a comment

 前回はvol85:最近利用したファイルを取得するとファイルの利用履歴を保存、取得する方法を紹介しました。

 今回は共有コントラクトではなくクリップボードにデータを渡す方法を紹介します。

 (なんとなくストアアプリっぽくない機能紹介続き・・・)

 

 

 クリップボードを利用する方法も共有コントラクト同様にDataPackageクラスを使います。

 コードは以下、

 

            DataPackage dataPackage = new DataPackage();
            dataPackage.RequestedOperation = DataPackageOperation.Copy;
            dataPackage.SetText("クリップボードに文字列を渡します!!");

            Clipboard.SetContent(dataPackage);

 

 DataPackageでクリップボードに渡したいデータを指定して、ClipboardクラスのSetContetでクリップボードに保存します。

 

 シンプルですね。

 

実行可能なサンプルはこちら

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です