[WDD] 総括一日目Keynote

水曜日 , 25, 4月 2012 Leave a comment

 Windows Developer Days一日目が終了しました。

 忘れないうちにちょっとずつ感想を書いていこうと思います。

 

 まずは一日めKeynote。

 

Windows8はマウス+キーボード&タッチ、どちらにも適応したOS

 

 一方が従来のデスクトップモード、もう一方が新しく追加されたメトロスタイルモード。

 多少シームレスでない違和感を感じている次第ですが、この辺が利用者にどうとらえられるかが心配。

 

 一時期は両方を同じOSに盛り込まず別にすべきだと思っていましたが、両方があることで生まれる利点(タブレットにもノートPCにもなれる)やARM版のことを考えて納得。

 (ARM版ってコンパイラが出て、アプリが出ればデスクトップモードも使えるようにしちゃうんだろうか?)

 

 デスクトップモードとしての部分だけ見るとWin7からそれほど変更の感じられないWindos8だけに従来の7からの乗り換えユーザー、デスクトップPC市場でどう受け入れられるかが普及の一つの壁になりそう。

 

LiveID、SkyDriveとの連携

 

 これは歓迎。

 LiveIDを用いることで複数のPCで環境を共有できたり、SkyDriveとの連携などが実現できる。

 この辺は同等の動きにPhoneにもなってほしいしし、近い将来なるんじゃないかと思う。

 

アプリが7より高速に動作

 

 Keynoteではそういってました。

 Win8CPを使っていてその辺を実感することはあまりないですが、使い込みが浅いかな。OfficeやAdobe系のアプリでテストすると良いかも。

 (実感ないと思ったら7はSSDで8はHDDでした・・・)

 

コネクテッドスタンバイ

 

 メール件数なんかは電源オフ時にも裏で動作して未読を取得したりするらしい?

 従来のスタンバイと何が違うのだろうか?と仕組み面が気になります。

 

 コネクテッドスタンバイの概要は以下の記事が参考になります。

 参考:スマートフォンへの道を歩むWindows 8 (1/2)

 

タイル

 

 アプリのショートカットアイコンともいえるタイル。

 Phoneにもありましたが、色々違いもあるようです。

 (この辺は同日に受けたタイルと通知のセッションの感想で書きたいと思います)

 

チャーム

 

 画面右端に出てくるチャーム。

 誰もが最初悩むOSの終了ボタンがあるチャームですが、共有、検索などはアプリ側でも利用できて、アプリ間の連携などで面白いことができそう!!

 Phoneにもほしい概念ですね。

 

Side by Side

 

 一定の画面解像度を超えるディスプレイだと画面を2分割してアプリを並べることができます。

 チャームのような連携機能と合わせるとこれも生きてきそうですね。

 今売られているタブレットには上記を満たす解像度物は少ない(日本では売られていない)ですが、デスクトップPCでも動作は確認できるので、海外製のタブレットを買うのに躊躇するかたはデスクトップに入れてみるといいと思います。

 

Windows To Go

 

 USBメモリから自分の環境のWindows8が動く。

 途中でUSBが抜けてもリジュームしたりWindows7のPCに刺しても動く(?)というのがすごいですね。

 この機能も思ってもいない使い方がでそう(漫画喫茶などで使うことしか浮かばない私・・・)。

 

アプリ連携

 

 先ほども書きましたが共有や検索などの機能に加えてアプリ間でのファイルのやり取りができます。

 連携させることで自分のアプリにメール送信機能やTwitter機能が簡単に合わせられるが素敵です。この辺も新しいアプリのカタチになりそうですね。

 

6月第一週にRP

 

 次のバージョンのWindows8が6月第一週に公開されるとのこと。

 (ReleasePreview版、従来のRC版の位置づけのよう)

 ほぼリリース版に近いものになるんじゃないかと思いますが、どうなんでしょうね。

 

 大きく変わることを期待したいところですが、開発者としてはあまり変わらないでと・・・

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です