MetroStyleApp入門 vol51.テンプレートを利用する

水曜日 , 22, 8月 2012 Leave a comment

 Windows 8 アプリ開発体験テンプレートがMSDNのサイトに公開されましたので導入方法を含めてテンプレートについて紹介します。

 

 

テンプレートの利用

 

 Windows 8 アプリ開発体験テンプレートのサイトに行って、各テンプレートをDLします。

 ドキュメントフォルダーのVisual Studio2012ディレクトリ以下のTemplates\ProjectTemplates\VisualC#以下にDLしたテンプレートを配置します。

(RSS Reader テンプレートだけはHTML+JavaScripttのテンプレートなのでTemplates\ProjectTemplates\JavaScript以下に配置します)

 

 VisualStudioを起動して新しいプロジェクトを作成します。

 「インストール済み」→「テンプレート」→「VisualC#」を選択すると追加したテンプレートが表示されています。

 

 「インストール済み」→「テンプレート」→「VisualC#」→「Windows ストア」を選択した状態では表示されないので注意してください。

 

 追加されたテンプレートを選択してプロジェクトを作成。実行してみると最初から機能が組み込まれた状態で開発が開始できます。

 

 

テンプレートを自作する

 

 テンプレートはプロジェクトの雛形を作れる便利な機能です。

 自分用のよく使う機能を組み込んだテンプレートを作りたい場合などはどうするのでしょう?

 

 「ファイル」→「テンプレートのエクスポート」で自分の作成したプロジェクトをテンプレート化することができます。

(VisualStudio2012 Expressではこのメニューが無いようでした)

 

 

 これからもっといろいろなテンプレートが出てくると良いですね。

 

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です