MetroStyleApp入門 vol45.setting flyoutをC#で実装する

木曜日 , 9, 8月 2012 Leave a comment

(本記事はVisualStudio2012RC+Windows8RP環境で確認しております。製品版では動作が異なる可能性があるのでご注意ください。)

 

 MetroStyleApp入門(JS) vol6.HTML+JSプロジェクトとC#+XAMLプロジェクトの違いでも書いたのですが、C#+XAML版のMetroスタイルアプリケーションでは設定用のFlayoutコントロールがありません。

 ではどうやって実装しようかという点についてWeb上で色々情報があったので紹介します。

 

 まずはライブラリを使っちゃおうコース。

 導入は楽ですが、RCからRTMに上がった時に動かなくなる可能性があるので、Windows8発売に合わせてマーケットにアプリを表示したい人には不向きです。

 

CharmFlyout – A Metro Flyout Custom Control

http://code.msdn.microsoft.com/windowsapps/CharmFlyout-A-Metro-Flyout-25fe53b6

 

CharmFlyout – Another Charming Custom Control

http://w8isms.blogspot.jp/2012/07/charmflyout-another-charming.html

 

App Settings in Windows 8 WinRT using Callisto

http://www.comyoucom.com/app-settings-in-windows-8-winrt-using-callisto/

 

 PopUpコントロールを使ってゴリゴリ書こうコース。

 ライブラリコースより手間はかかりますが、自由度は高いですね。

 

 

Quickstart: Adding app settings using XAML (Metro style apps using C#/VB/C++ and XAML)

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/xaml/hh872190.aspx

 

A XAML Settings Panel for Windows 8 Metro

http://blogs.u2u.be/diederik/post/2012/04/08/A-XAML-Settings-Panel-for-Windows-8-Metro.aspx

 

 じゃあ、お前はどっちのやり方にするんだい?

 という質問に関しては、

 

 RTMでコントロール追加されてないか確認して、なければ考えます

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です