MetroStyleApp入門 vol43.トースト通知を行う(1)

日曜日 , 5, 8月 2012 Leave a comment

(本記事はVisualStudio2012RC+Windows8RP環境で確認しております。製品版では動作が異なる可能性があるのでご注意ください。)

 

 トースト通知はライブタイル同様にアプリを起動していないユーザーにアプリの起動を促すことのできる重要な要素です。

 トースト通知にも色々なパターンがあるのですが、まずは簡単に動作を確認してみましょう。

 

 トースト通知を利用するにはマニフェストファイルの編集が必要です。

 

 

 アプリケーションUIタブの「トースト対応」を「はい」に変更します。

 

 今回は単純にトースト通知の起点はボタンイベントにします。

 

    <Grid Background="{StaticResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
        <Button Content="Button" HorizontalAlignment="Left" Margin="207,100,0,0" VerticalAlignment="Top" Click="Button_Click_1"/>
    </Grid>

 

 

 ボタンクリックでトースト表示します。

 

        private void Button_Click_1(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            ToastTemplateType toastTemplate = ToastTemplateType.ToastText01;
            XmlDocument toastXml = ToastNotificationManager.GetTemplateContent(toastTemplate);

            XmlNodeList toastTextElements = toastXml.GetElementsByTagName("text");
            toastTextElements[0].AppendChild(toastXml.CreateTextNode("Toast!!"));


            ToastNotification toast = new ToastNotification(toastXml);
            
            toast.ExpirationTime = DateTimeOffset.UtcNow.AddSeconds(30);
            toast.Failed += toast_Failed;

            ToastNotificationManager.CreateToastNotifier().Show(toast);
        }

        void toast_Failed(ToastNotification sender, ToastFailedEventArgs args)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(args.ErrorCode);
        }

 

 これで画面右上にトースト通知が表示されます。


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です