MetroStyleApp入門 vol26.設定コントラクトを利用する

土曜日 , 30, 6月 2012 Leave a comment

(本記事はVisualStudio2012RC&Windows8RPで確認しております)

 

 これまで何度かコントラクトについて触れてきました。

 

MetroStyleApp入門 vol11.共有コントラクトを利用する

MetroStyleApp入門 vol20.色々なコントラクト(共有コントラクトを利用する)

 

 今回は設定などを行う「設定コントラクト」についてご紹介します。

 

 

 設定コントラクトを利用することでチャームの設定からアプリ情報や設定を行うメニューを表示することができます。

 

 

 

設定コントラクトの設置

 

 設定コントラクトの設置にはCommandsRequestedにイベントハンドラーを指定します。

 

            SettingsPane.GetForCurrentView().CommandsRequested += onCommandsRequested;

 

 アプリを起動してチャームから設定を選ぶと上記イベントハンドラーが呼び出されます。

 その際にUICommandInvokedHandlerで指定した処理を設定します。

 

 一連のコードは以下です。

 

            SettingsPane.GetForCurrentView().CommandsRequested += onCommandsRequested;
        }

        void onCommandsRequested(SettingsPane settingsPane, SettingsPaneCommandsRequestedEventArgs eventArgs)
        {
            UICommandInvokedHandler handler = new UICommandInvokedHandler(onSettingsCommand);

            SettingsCommand generalCommand = new SettingsCommand("generalSettings", "このアプリについて", handler);
            eventArgs.Request.ApplicationCommands.Add(generalCommand);
        }

        void onSettingsCommand(IUICommand command)
        {
            // 「このアプリについて」をクリックした際にAboutPage.xamlに移動します
            this.Frame.Navigate(typeof(AboutPage));
        }

 

 上記コードの場合AboutPage.xamlで色々な処理を書くことになるでしょう。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です