MetroStyleApp入門 vol12.プロジェクトのスタートページを変更する

土曜日 , 28, 4月 2012 Leave a comment

スタートページはBlankPage.xaml

 

 Windows8で「新しいプロジェクトの作成」を選んでプロジェクトを作成するとBlankPage.xamlというのがスタートページになってしまいます。

新しいプロジェクトの作成を選ぶと・・・

 

 

スタートページがBlankPage.xamlになる

 

 

 確かに作成当時はブランクページなんですが、これからコントロールを配置していけばブランクでは当然なくなって、ファイル名に違和感が出てきます。

 

 というわけでBlankPage.xaml以外をスタートページにする方法を紹介。

 

変更方法

 

 ソリューションエクスプローラー上で右クリック→「追加」→「新しい項目」を選びます。

 

今回はWindowsPhoneに習ってMainPage.xamlという名前のスタートページにすることにします。つ

中央のリストから「基本ページ」をクリックして選択。MainPage.xamlとします(下画像参照)。

 

基本ページを作成

 

App.xaml.csでスタートページの指定を変更します。

 

            // Create a Frame to act navigation context and navigate to the first page
            var rootFrame = new Frame();
            rootFrame.Navigate(typeof(BlankPage));

            // Place the frame in the current Window and ensure that it is active
            Window.Current.Content = rootFrame;
            Window.Current.Activate();

 

typeof(BlankPage)をtypeof(MainPage)に変更してあげればOK。

 

起動時に引数を渡す

 rootFrame.Navigateには表示するページコントロールのほかに、パラメーターを渡すことができます。

 App.xaml.cs上では
  _rootFrame.Navigate(typeof(ItemsPage), params);

 

 で値を渡します。

 受けとりはMainPageというスタートページにした場合はMainPage.xaml.csで

 

        protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)
        {
            var params = e.Parameter;
        }

 

 です。

 

ちなみにWindowsPhoneでは?

 

 WindowsPhoneでスタートページを設定する方法は、WMAppManifest.xmlの以下の部分を変更します。

 

    <Tasks>
      <DefaultTask  Name ="_default" NavigationPage="New_MainPage.xaml"/>
    </Tasks>

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です