古いストアアプリの再パッケージ化で「アプリケーション マニフェストの Identity 要素の Publisher 属性の値は、開発者アカウントの発行者 ID の値でなければなりません」エラー

木曜日 , 19, 1月 2017 Leave a comment

 昨年、UWP周りの年齢認証が変わり、再度年齢認証の情報を更新していないアプリケーションはストアから除外されました。

 私も通知は来ていたのですが、数が多かったのでDL数の少ないアプリは整理も兼ねて更新せずにストアから見えない形にしていました。

 

 ・・・が、今になって再度上げなおす必要が出たので対応のメモ。

 ストアから非表示になったアプリは再度年齢認証部分を更新すればまた公開できるかなと考えていたけど、なんかメールでやり取りしなければいけないみたいなので(ちょっと曖昧)、新規アプリとして再登録することに。

 

 そこで問題が出たのが、証明書の期限切れ問題。

 いったん古い証明書を削除して新規に作り直したのですが、以下のようなエラーが。

 

アプリケーション マニフェストの Identity 要素の Publisher 属性の値は、開発者アカウントの発行者 ID の値でなければなりません

 

 Package.appxmanifestのそれっぽい項目をエラーに従い編集しても、エラーが消えない・・・。

 と色々やっていたのですが、再度「アプリケーションをストアと関連付ける」を行えば良いだけでした。

 

 という忘備録。

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です