GitBucketの設定をリセットする場合

日曜日 , 25, 5月 2014 Leave a comment

 

2014-05-20 GitHubクローンのGitBucketを10秒でインストールした

 

という記事がすごいインパクトだったので試しにやってみた。

上記の通りサクッと動いた。試しに動かして見るにはすごい便利。

GitLabを10分でインストールするという記事もあったが、こっちはCentOS5.5だと簡単じゃないようなので早期に諦めました。

 

作成した直後にルートアカウントのパスワードを変えようとしたらミス。

ログインできなくなったので初期化しようと思ったけど設定がどこにあるかわからなかったので調べてみました。

 

To upgrade GitBucket, only replace gitbucket.war. All GitBucket data is stored in HOME/.gitbucket. So if you want to back up GitBucket data, copy this directory to the other disk.

 

warで動かす場合は実行したユーザーのhomeディレクトリの.gitbucketフォルダに設定がある模様。

ということで初期化できました。

 

GitHub、bitBucketなどのサービスや、クローン版のGitBucketのようなサービス。更にTeam Foundation ServiceのGit対応などGitを利用する場合何を使うか迷いますね。

 

 


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です