[書籍フォローアップ] サンプル1,時計アプリはストアを通過するか

土曜日 , 16, 3月 2013 Leave a comment

 書籍「基礎から学ぶ Windowsストアアプリ開発」のサンプルをストアに申請してみました。

 まずは最初のサンプルのタイマーです。

 

 ストアに出すためにサンプルに以下の修正を加えました。

 

修正1.スナップへの対応

 

 スナップ状態でのファイルピッカー操作についての修正を行いファイルピッカーがスナップ時に起動しないようにしました。

 

修正2.アイコンの変更

 

 タイルなどをデフォルトからストアアプリ用に用意したものに変更しました。

 

修正3.マニフェストから「インターネット(クライアント)」を外す

 

 これをやらないと個人情報保護方針などの表示が必要になります。

 このアプリはネットに接続しないのでチェックを外します。

 

上記で申請した結果・・・

 

コンテンツの適合性: 不合格
このテストは、Windows ストアの認証要件にコンテンツが準拠しているかどうかという観点でソフトウェアを評価します。 さらに詳しく
お客様のアプリは、要件 1.1 を満たしていません。 詳細情報
アプリがこの要件を満たしていないと見なされる一般的な理由:
アプリの価値または有用性が明確ではない。
アプリの価値または有用性の対象が、そのアプリがサポートするとしているすべての言語ではなく、一部のみに限定される。

Requirement 1.1: Your app must offer customers unique, creative value or utility in all the languages and markets that it supports

 

 ただ単に時計というだけだと審査を通すのは難しいようです。


Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です